トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

檜洞丸1601m

今朝は目覚めが良かったので急遽、西丹沢の山に登る事にしました。朝方からドタバタ
と準備を進め、一路西丹沢自然教室に向かいました。6:40に着きましたが、駐車場は
既に混んでいたので手前の駐車場に置きました。
檜洞丸か畦ヶ丸か迷っていましたが、多くのハイカーが準備をして居たのを観て檜洞丸
に挑戦することに決めました。恐らく皆さんも檜洞丸に登ると想うからです。
そして6:56に車道を歩き始め、暫く歩くと登山道の入り口です。入り口から難所が続く
ようでしたが、そうでもなかったですね。ゴーラ沢出合には7:38に着き、5分の休憩を
取りました。数名の人が休憩していました。
H23430_02H23430_04H23430_05ここから急坂が待っていると聞いたのでストックを出しましたが、実際は岩登りなのでストックを仕舞い岩をよじ登りました。下山してくる人達に挨拶をしながら登って行きましたが、想ったほど辛くはなかったです。やがて展望台と言う場所に8:28に着きましたが、ここからの富士山はとても綺麗でした。1名の方が写真を撮っていたので私も富士山を写しました。ベンチが在るので腰掛けていたら数名の人が上がって来られたので色々な話を伺うことが出来ました。20分近く休憩をして一足先に出発しました。やがて階段が続くようになると慣れないせいか歩き辛いです。尾根が観えたので暫く登ると合流点でしたが、相変わらず板でできた道が続きます。
H23430_08 H23430_18 H23430_22
前方には若い人達のグループが見えます。私も後を追って歩くと下山してきた一人の女性に声を掛けられたので立ち止まり、暫し話を伺いました。ベテランの方で蛭ヶ岳で一泊してから檜洞丸に来たそうですが、ツツジの時季にもう一度来て下さいとの事でした。そろそろ山頂近くまで上がって来たと思います。そして9:58に丹沢山系で二番目に高い檜洞丸1601mに到着しました。体調が良かったのか意外と疲れなかったですね。山頂には多くの人が休憩をしていましたが、私は20分休憩をして、急遽下山ルートを犬越路経由にしました。登って来る途中で知り合った人も到着したので下山ルートを話したら、結構危ない所も在るので気をつけて下さいとの事でした。そして10:20に出発しました。
H23430_23 H23430_24 H23430_27
行き成り崖を降りる感じですが、目の前の尾根が極端に狭いようだ。おまけに風も強いので一旦は引き返そうと想ったが、慎重に降りて行きました。痩せ細った尾根も怖かったですね。尾根を渡り切ると背後の崖上で大騒ぎしている若者のグループ。学生さん達だが先生も一緒だった。アップダウンを繰り返し進むと分岐点で、休憩場所もある。しかし、休憩しないで突き進みました。細い急勾配のガレ場が続き、やがて鎖のある場所である。慎重に慎重に鎖に摑まりながら崖を降りますが、尾根の両サイドは数百メートルに切りだって落ちています。次も可なり長い鎖が吊り下がっています。これ又、凄~く怖かったです。痩せ尾根を越えるとやがて熊笹の山道に変わり、ほっと一息つけました。風を避けられる場所で11:13から12分間の昼食でした。その後も幾つもの岩場を慎重に下ると、やっと熊笹の道に変わりました。やはり普通の山道の方が遥かに歩き易いですね。暫く歩くと犬越路の非難小屋が観えました。そして11:55に犬越路に着きましたが、誰も居ませんでした。休憩をしていたら用木沢の方から団体さんが上がって来られました。私は5分の休憩を取り12:01に出発し、用木沢出合を目指し下りました。
H23430_38 H23430_42 H23430_47
長いガレ場を降りきると、やがて歩き易い山道に変わると間も無くして用木沢の流れが現れました。川沿いの道を気持ちよく歩けましたが、途中で川原に降りて顔を洗いました。然程冷たくはなかったが気持ちが良かったです。この周辺まで降りてくると家族連れの小さな子供も目に入るようになりました。そして釣り人の姿もチラホラ見れるようになりましたが、12:50に用木沢出合に到着しました。ゲート前の所で釣り人数名に会いましたので釣果を聞きました。そのまま車道を西丹沢自然教室に向かい13:14に着きましたが、駐車場は満車状態でした。今日は念願だった檜洞丸に登ることが出来て良かったですが、山頂から犬越路ルートは可なり怖かったです。
H23430_55 H23430_57 H23430_60

2011年4月26日 (火)

断念する勇気in畦ヶ丸

今日は釣友のハミ痕さんと7時に山北の道の駅で待ち合わせて畦ヶ丸に登ることにな
っている。15分前に着いたら彼は既に来ていてくれました。昨年の鮎釣り以来の再会でした。先ずは大滝沢まで行き、ここに私の車を止め西丹沢自然教室の駐車場に便乗して行きました。既に準備をされている方々も居ました。我々も準備を済ませ7:18に吊橋を渡り、西沢沿いの登山道を上がって行きました。
H23426_03_2 H23426_05_2

私が先に歩く形になりましたのでゆっくりと進むとハミ痕さんから声が掛かり、色々な草花の説明を受けました。私はトンチンカンなので中々草花の名を覚えられません。
登山道は西沢の流れを何度も渡りながら下棚の滝の手前の休憩場に7:55頃着いたので休憩にしました。休憩後は下棚の滝に寄ってから本棚方面に向かいました。
H23426_06 H23426_07

本棚の滝には寄らず善六ノタワを目指します。ここからは沢沿いの道と別れ、ガレ場の沢を一気に上がると続いて檜林の中を歩く事になりました。ずっと話をしながら登って行くと、檜林がポッカリと開いた休憩場所に辿り着きました。
ここで休憩にしましたが、彼が林檎を剥いてくれたので頂きましたが、喉も渇いていたせいか美味かったですね。周辺には、この山の由来にもなった?ような花が綺麗に咲いていましたが生憎私は花の名を忘れてしまいましたよ。( ̄◆ ̄;) 今朝、調べたところアセビでした。
H23426_08 H23426_10

休憩後、アップダンを繰り返しながら登って行くと、やがて善六ノタワの道標に9:25に着きました。周辺には何もない只の尾根だけでした。ここで写真を撮って少し休憩にしました。私は気づきませんでしたが、この頃からハミ痕さんの足取りが重くなってしまい中々進む事が出来なくなってしまった。ちょっと進むと休憩場所があったが、通過して梯子を上った所で様子が可笑しいのに気づき、ここで山頂まで登るのを断念しました。山は絶対無理をしては為らないので、ここで休憩を十分取って下山しました。
帰りはハミ痕さんに先行してもらい、所処で休憩もしながら彼のペースで下って行きました。下棚の休憩場所で昼食を取り、13:30頃に西丹沢自然教室に戻りました。来たついでにちょっと寄らせていただき見学をしてきました。今回は山頂まで辿り着けませんでしたが、私にとっては楽しい登山でしたが彼には辛い登山となってしまいました。でも、帰りに二人で酒匂川の十文字床止工に寄って稚鮎の跳ねを見る事ができたので其れなりに良かったと思います。
H23426_12_2 H23426_15_2 H23426_13_2 H23426_14

トップページ | 2011年5月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28