« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月28日 (月)

ユーシン渓谷

今朝6:30に起きたが体調も良さそうなので急遽、玄倉林道を歩くことにした。家内に話したら急いで昼食の準備をしてくれました。そこで7:30頃家を出発して丹沢湖~玄倉林道ゲート前に8時頃着きました。
H231128_01H231128_03H231128_04軽い準備体操をして8:12に出発です。今日はユーシンロッジの探索と熊木ダム先の蛭ヶ岳登山口の確認です。先週の火曜日に歩いた時には紅葉が素晴らしかったが、果たして今日はどうなのかな。
H231128_06H231128_08H231128_10H231128_12
H231128_15H231128_17H231128_18H231128_21新青崩隧道には8:48に着き、ここでヘッドライトを点灯させますが、トンネル内は真っ暗で何も見えません。灯りを持たない人はこのトンネルを通ることは出来ませんよ。7~8分歩くとトンネルから抜けられホッとします。続けて隧道がありますが、ここもライトは必要ですね。2つの隧道を抜けると直ぐに玄倉ダムと発電所が見えてきます。この辺りの紅葉は綺麗ですよ。
H231128_25H231128_26H231128_28H231128_29
H231128_30H231128_31H231128_32H231128_34玄倉ダムから25分ほど歩くとユーシンロッジの看板が現れました。30年前位に2度ほど車で来たことがありましたが、それ以来なのでワクワクしてきました。分岐林道を下って橋を渡り、そのまま進むとユーシンロッジが観えてきました。10:00に着きましたが1組の人が休憩をしていたので早速挨拶をした後、話をしました。私も初めてユーシンロッジに来たので暫くロッジ内を探索してみました。ここで18分間探索しました。
H231128_36H231128_37H231128_39次は熊木ダムを目指しましたが、
林道沿いの紅葉が素晴らしくて中々前に進みません。でも、もう紅葉も終わりに近いですね。こんな素晴らしい紅葉を見ないなんて勿体無いですよ~o(*^▽^*)o
H231128_44H231128_47H231128_48H231128_50
H231128_52H231128_53H231128_54H231128_58熊木ダムには10:45に着きましたが、ダム自体は良く観えませんでした。だが水は透き通っていて綺麗ですよ。暫く進むと林道の分岐点に突き当たりましたが、右の林道には塔ノ岳の道標が、でも左下に下る林道には道標が無い。川原の方に下って行くとコンクリートの橋が崩落している。目の前には蛭ヶ岳の雄姿が観える。恐らく此処が登山道の入り口だと想うが確信がない。地図を持ってこなかったからな。でも一応、塔ノ岳方面の林道を進んでみた。林道が偉く荒れていて危ない箇所も2ヶ所あった。その先の広い所で引き返すことにした。11:13にUターンして安全な場所で昼食にしました。来る時には気が付かなかったが案内板らしき物が在ったので確認したら、やはり先ほどの林道の分岐点が蛭ヶ岳の登り口でした。玄倉林道沿いは丹沢の黒部渓谷と呼ばれているほど綺麗な渓谷でした。\(^o^)/
H231128_67H231128_68

2011年11月26日 (土)

丹沢山

昨日は予定通り今朝4:30に起床して丹沢山の登山口でもある表丹沢県民の森駐車場に向かいました。真っ暗な駐車場に1台停まっていて私は2番目でした。車中で朝食を食べながら明るくなるのを待ちました。
H231125_01 H231125_04 H231125_10
薄明るくなったので準備体操をして6:05に出発です。先週と同じ林道を進み今朝も銅像の前で登山の安全祈願をしてから初めて登る小丸尾根登山口に6:32に着きました。順調に進み7:08に7分の休憩を取りました。昔は訓練所尾根と呼ばれていたらしく、それなりにきつかったですね。稜線近くになると眺めは良かったですよ。
H231125_12 H231125_18
鍋割山稜には8:15に辿り着き、そのまま塔ノ岳を目指します。ここの稜線は拓けていてブナ林の中を軽快に歩けます。暫くすると目の前に3頭の鹿が登山道をふさいでいるので退いてもらいました。(o^-^o) そのまま進むと塔ノ岳の山小屋が見えてきましたよ。時間通りに登れているようです。
H231125_20 H231125_21 H231125_26 H231125_32
H231125_33 H231125_34
先週も登った塔ノ岳には8:52に着きましたが山頂には誰も居ませんでした。暫くすると1名の方が登って来られました。ここから丹沢山に向かうので、そうはゆっくりできず10分休憩を取って9:02に出発しました。初めての丹沢主脈を歩きましたが、意外と稜線は歩き易いが丸太の階段と木道が多いですね。宮が瀬湖が眼下に観えた時に、改めて丹沢山の位置が解かりました。
H231125_36_2 H231125_38_2 H231125_40_2 H231125_71_2
塔ノ岳から休憩なしで丹沢山には9:54に着きました。テーブルも3~4箇所あり数名の方が休憩を取っていました。私の前を歩いていた人と一緒に話をしながら昼食を食べました。山頂にも霜が降りていて足場は少しグチャっていましたが、私にとっては初めての丹沢山だったので感動しました。100名山なので“みやま山荘”に寄って、これも初めてなんですが記念にピンバッジを買いました。
H231125_47_2 H231125_72_2
10:20に丹沢山を後にして塔ノ岳に戻りました。階段を下っている最中に右膝に違和感が走ったのでゆっくり歩きましたが、塔ノ岳に登る手前で念の為に膝サポーターを着けました。11:15に塔ノ岳山頂に戻ると多くの人が休憩をしていました。やはり“尊仏山荘”に寄ってピンバッジを購入して15分の休憩を取りました。
H231125_50 H231125_51 H231125_54
このまま下山するのは勿体無いので、膝との相談で鍋割山を廻ることにした。しかし、段々と右膝に痛みが走るようになり辛くなってきましたが、頑張るほか仕方がありません。右上に先ほど登った丹沢山と蛭ヶ岳が観えますが、もうぐるっと廻って来たんだなと実感しました。
H231125_55 H231125_56 H231125_57
先週も登った鍋割山には12:35に着きましたが、生憎富士山には雲が掛かり始めていました。ここは人気のある山で、今日も多くの人が鍋焼きうどんを食べていましたよ。私は膝を休める為に芝生にずっと座っていました。ここでは15分の休憩を取りました。
H231125_61 H231125_62 H231125_63 H231125_65
12:50に尾根を降りて行きましたが、果たして紅葉はまだ残っているんだろうか。しかし既に葉が落ちてしまっているので先週とは偉く違う風景です。膝が痛いので何人もの人に抜かれてしまいながら下って行きましたが、まだ登ってくる人達も多く居ました。以前、痛めた時よりは軽いのでぼちぼち下れました。中腹では紅葉も観られ14:16に二俣を通過して銅像の所に着いたので、登山のお礼をして14:36に駐車場に着きました。言うまでも無く、ゲート前と駐車場は登山者の車で一杯でした。今回は丹沢山を登ってきましたが、丹沢山は遠かったです。(v^ー゜)ヤッタネ!!
H231125_69 H231125_70

2011年11月18日 (金)

塔ノ岳・鍋割山登山紀行

昨日、初めて表丹沢の塔ノ岳と鍋割山に登ってきました。朝5時前に起きて支度を済ませて近くのコンビニに寄って食糧を調達し、薄暗いなか表丹沢県民の森駐車場に向かいましたが、駐車場一番乗りでした。朝食を食べて明るくなるのを待ちました。
H231117_01H231117_05H231117_07誰も来ないなか6:30に出発をして林道を歩きました。右足首をちょっと痛めていたのでゆっくり歩き始めたが問題はなさそうである。暫く歩くと左手に銅像が在ったので立ち寄って登山の安全を祈願しました。やがて二俣の道標があり、ここで塔ノ岳と鍋割山へのコースが別れます。
H231117_10H231117_12H231117_14H231117_18塔ノ岳方面のルートを進むと直ぐに迷ってしまい(ちょっと大げさ)戻ろうとすると人工林にピンクのリボンが目に入ったの近づくと登山道が在った。5分のロスで済みました。この二俣~小草平までのコースは地図では難コースとなっていたので少々緊張して登りました。50分歩いた所で休憩を取って、延々と続く檜林の中を入り組んだ登山道を右左しながら登ると、やっと小草平の堀山の家に着きました。大蔵尾根から登って来られた年輩の人が休憩していたので、少し話をさせていただきました。途中まで話をしながら一緒に登りましたが、私が先行させてもらいました。それにしても丸太の階段が延々と続きます。
H231117_19H231117_21H231117_258:53に花立山荘に着いたのでベンチで休憩をしていたら後から登って来る人がどんどん山頂を目指して登って行きます。私も後に続くと直ぐに木道に変わると道標が在り、山頂まで0.8kmで目の前に塔ノ岳の山頂が観えました。左上には丹沢山と蛭ヶ岳の雄姿がどっしりと観えてきました。9:10に金冷シ分岐を通過して塔ノ岳山頂を目指すと山小屋らしき建物が観えてきました。
H231117_26H231117_28H231117_29H231117_30
H231117_31H231117_32H231117_33そして9:25に山頂に着きましたが、山頂は可なり広いです。眺めも最高で富士山・箱根外輪山・檜洞丸&大室山・丹沢山&蛭ヶ岳が優美に観えました。探索をしていたら年輩の方が初めての登山なら写真を撮ってくれると言うので遠慮せずに撮ってもらいました。山頂では20分の休憩を取り満喫しました。
H231117_37H231117_40H231117_419:45に下山し始め鍋割山に向かいます。鍋割山稜線はとても歩き易くアップダウンも少ない登山道です。大丸(10:08)を通過して進むと二俣分岐が現れました。そのまま通過して行くと小丸に10:30に着きました。ここで休憩されて居た人と暫し話をしてから一緒に鍋割山まで同行させて頂きました。御しゃべりをしながら歩くと疲れを忘れますね。やがて鍋割山荘の
赤い屋根が観えてきました。
H231117_42H231117_43H231117_45H231117_47山頂には10:56に到着しました。既に数名の方々が来て居ましたが、皆さん早速名物の鍋焼きうどんを注文していましたよ。私達は芝生の上に休憩場所を求め、暫し御しゃべりを続けていました。私は昼食を持ってきたので鍋焼きは食べませんでしたが、次回は食べようと想います。昼食を先に済ませ34分の休憩を取って、一緒に歩いてくれた人とはここで別れて11:30に下山し始めました。
H231117_49H231117_50H231117_52お決まりの木道を丸太の階段を下って行きましたが、時間的に登って来られる人が多いです。何組もの人達とすれ違いましたが、年輩の御夫婦が休んで居たので暫し話をさせていただきました。また、この辺りの紅葉は綺麗でしたよ。
H231117_56H231117_58H231117_60H231117_61やがて後沢乗越分岐(12:16)に着きました。ちょっと休憩をして直ぐに二俣方面に下り始めました。登山道がなだらかになった所で5分の休憩を取って、お決まりの自分の写真も撮りました。暫く下ると沢に出会ったので、ここで顔を洗いましたが、これでスッキリしました。木橋を渡ると鍋割山荘のペットボトル置き場(12:43)に着きましたが、まだ一杯置いてあります。ここから林道を下ると二俣に着き、そのまま今朝歩いてきた林道を歩きます。銅像の所に寄ってお礼をして駐車場に向かいました。そして13:23に無事駐車場に着きましたが、驚いたことにゲート前を含め満車でした。人気の山なんですね。
H231117_63H231117_65H231117_70H231117_71

2011年11月13日 (日)

矢倉岳

部屋から矢倉岳を眺めていたら紅葉が綺麗に観えるので急遽登ることにしました。家内が昼食の準備をしてくれたので急いで内川の土手駐車場に向かいました。何組かのハイカーが矢倉岳に向かうのを見ましたよ。今日は日曜日で天気も良いから混んで居るんでしょうね。

H231113_02 H231113_03 H231113_04
準備を済ませて8:55に出発し山頂を目指します。見慣れた風景を登山口まで順調に歩き猪避けのゲートを通過して行くと、ここから急な上り坂となります。もう汗が吹き出てきました。暫く登ると先行者に追いつきそうなので、ここで休憩してベストも脱ぎました。今日はゆっくり歩くことを頭に置いて登り始めると先行者のグループに追いついてしまったので先に行かせてもらいました。今日は軽やかに登れています。暫くすると先行者達が休憩をしていたので挨拶をして先に進みます。9:41に中間点と想っている休憩場所に着いたので5分の休憩を取りました。写真を撮っていたら、皆さんが上がって来られましたよ。

H231113_05 H231113_07_2 H231113_08
休憩を終えて私も山頂を目指しますが、ブナの紅葉が綺麗なので足を何度も止めて写真を写しました。この辺りから急な上り坂が続きますが、景観がいいので周りを観ながらゆっくりと登ります。それにしても今日はバカ陽気で汗が吹き出てきます。息も荒くなるが、それでもスムーズに登れています。千葉から来られた人に追いついてしまったので暫し話をさせていただき、その後二人で山頂をめざしました。

H231113_09H231113_10H231113_1210:18に矢倉岳(870m)山頂に着きましたが、既に多くの人が休憩していました。私は先に写真を撮ってから休憩にしましたが、今日も富士山を観ることができました。時間は早いが、ここで昼食にしてのんびりしました。20分休憩をしてから下山の準備をしました。

H231113_13 H231113_16
10:38に清水越え方面に下りましたが途中で花や実が綺麗だったので写真に納めました。この時間帯は多くのハイカーが山頂を目指しゾロゾロ上がってきます。皆さんに挨拶をしながら清水越えの分岐です。今日は21世紀の森方面に向かいました。暫く下ると山頂で休憩していた小さな子供連れの家族に追いついてしまったので先に行かせてもらいました。やがて分岐ですが浜居場城跡方面に進み、11:21に浜居場城跡に着きました。城跡と言っても何もありません。ここで5分の休憩を取って21世紀の森に向かいます。

H231113_22 H231113_24 H231113_25
11:39に21世紀の森内のセントラル広場に着いたが、時間が早いので案内板を見て通ったことのない展望台方面に決めました。車道をのんびりと歩きましたが、やはり車道を歩くのは辛いですね。大分遠回りをしてやっと森林館に着きました。森林館内を見学後、暫し下ると休憩場所があったので休憩しました。そして車道に出ると21世紀の森入り口のポールの所に出たので橋を渡り、農道を矢倉沢バス停方面に向かいます。

H231113_27 H231113_29
以前下った道は止めて通ったことのない農道を進みます。道標がないので行けるかどうか分かりません。そんな気持ちで歩いていると道標があったが、その直ぐ先に通行止めのロープが張ってあったが、脇を歩いた跡があるので前に進みました。やがて農道に続き、家も見えてきました。神奈川TV“あっぱれ大行進”で紹介があった矢倉窯さんでした。そのまま下って行くとバス停に出ました。

H231113_31 H231113_32 H231113_34
時間も早いので先日見学した矢倉沢のざる菊祭りに寄ってみましたが、日曜日とあって凄い人出です。先日と同じ畑に降りて見てきました。そして人混みの中を13:30に駐車した場所に着きました。車にもの凄い数のてんとう虫が張り付いていたので、着替えもゆっくりできませんでした。車中のも一杯入ってしまい、帰宅してから大変でした。(≧ヘ≦)

2011年11月 9日 (水)

紅葉の檜洞丸

昨日、あゆのハミ痕さん御夫婦と一緒に紅葉の檜洞丸(1601m)に登って来ました。6時に山北道の駅で待ち合わせ、挨拶もそこそこに丹沢自然教室の駐車場に向かいましたが駐車場はガラガラでした。登る前に軽く食事をしてから準備しました。
H231108_01H231108_03H231108_04準備体操を軽くやってから6:50に檜洞丸を目指し出発しました。先ずは車道を10分ほど歩くと“つつじ新道”登山道の入り口です。ハミ痕さん、奥さん、私の順で登って行きましたが行き成り急な上り坂となります。ゆっくりゆっくりと登って行くと、やがて尾根廻りの緩やかな登りとなり軽快に進むことができました。紅葉を眺めながらゴーラー沢には7:52に着きました。暫しここで休憩を取りました。ここからが本格的な山登りなので気合いを入れ直し出発です。
H231108_05H231108_06H231108_07H231108_08
H231108_10H231108_11H231108_12つつじ新道を登るのは3回目となりますが、秋季に登るのは初めてです。上るに連れて段々紅葉も鮮やかになってきました。特にこの山は“もみじ”が多く、色とりどりの錦を魅せてくれました。やがて展望台に着きましたが、生憎の空模様で富士山を観ることはできませんでしたが、何と言っても紅葉が素晴らしい山です。ゆっくり休憩を取ってから山頂を目指します。やがて紅葉したシロヤシロも見え始めましたが、残念なことに霜を被ったのか鮮やかではなかった。でも反面、ブナ・もみじの色は中腹のこの辺りは最高でしたね。高度を上げて行くぬ連れ紅葉も少なくなり、やがて箒沢からのルートと合流する尾根に着きました。ここからは暫し木道が続きますが、霧も段々薄くなってきました。数名のグループが上がって来られましたので、先に行っていただきました。
H231108_25_2H231108_13H231108_14H231108_15
H231108_16H231108_17ずっと御しゃべりをしながら登ってきましたが11:43に檜洞丸山頂に着きました。しかし、先ほど追い越して行った方々も居なく誰も居ませんでした。直ぐ後から御夫婦が登って来られましたので、少し話をさせていただきました。テーブルに荷物を置いて、先ずは行ったことのない青ヶ岳山荘に寄らさせてもらいましたが、先行者はここで食事を取っていました。急いで皆の所に戻り昼食にしましたが、ハミ痕さん御夫婦が色々と用意してくださってありました。遠慮せずに頂きました。奥さんに表丹沢の山並みを教えていただきましたが、ベテランは良く知っていますね山頂の気温は10度を切っているとの事で少し寒いが、でも大丈夫です。この頃より霧も晴れて陽が射してきたので暖かさが戻ってきました。
H231108_18_3H231108_19H231108_20_3山頂で40分の休憩後、12:23の下山で登ってきた道を戻ります。下りは膝に不安を持っているのでゆっくり歩くことに専念しました。登ってきたルートを下るのは初めてなので、又違った風景が観られましたよ。4日前に登った大室山や4月に下った檜洞丸から犬越路までの稜線も観えます。残念なことに富士山は最後まで顔を出してくれませんでした。また中腹の綺麗な紅葉を角度が違う視線で見る事ができましたよ。そして展望台、ゴーラー沢(15:20着)で休憩を取って、16:20に丹沢自然教室に戻ってきました。今回はハミ痕さん御夫婦に山登りの楽しみ方と歩き方を教わりました。お陰さまで楽しく登ることができました。色々と有難う御座いました。
H231108_21_2H231108_22_2H231108_23_2

2011年11月 4日 (金)

2度目の大室山(1588m)

ジッとしているのが嫌いな私は急遽、西丹沢の大室山(1588m)に登ることにしました。時間が遅かったので急いで荷物を積んで一路、用木沢出合いの駐車場に向かいました。駐車場に着くと一組の登山者が準備をしていました。女性の方に声を掛けて頂いたので少し御しゃべりをさせて貰いましたが、千葉から来られた御夫婦で、ご主人はアメリカの人でした。先月も釣りをしていたら声を掛けてくださった方のご主人もアメリカの人でした。日本の女性も凄いよな。御夫婦は犬越路から檜洞丸に登るそうです。そこで私は一足先に8:02に出発をしました。
H231104_01H231104_02H231104_03H231104_05
H231104_06H231104_07H231104_09直ぐに用木沢に掛かる橋を渡ると渓谷沿いを暫く歩きますが、紅葉はまだ早いようです。やがて渓流沿いから離れるとガレ場を一気に高度を上げて犬越路まで登ります。所処休憩をしながら1時間で犬越路に着きました。ここで10分の休憩を取りました。ここの避難小屋は明るくて何時も綺麗にしてありますね。9:12に出発をして大室山を目指します。
H231104_10H231104_11H231104_12H231104_15
H231104_16H231104_19H231104_20ここから大室山までのルートは西側の展望が良くて富士山や畦ヶ丸が良く観えますよ。私が好きなコースで今日はここからの富士山を観たくて登ってきました。休憩を取りながら登っていますが、どこからでも富士山が後押ししてくれているような気持ちになりますね。紅葉は大分葉を落としてしまったようですが、それでも所処に真っ赤なカエデが迎えてくれます。帰りに寄る加入道山からの尾根が迫ってきたので、もうじき分岐点です。そして10:32に分岐点に到着しました。ここで3分ほど休憩をして右に曲がり大室山に向かいます。
H231104_23H231104_24H231104_25分岐点から5分も歩くと大室山山頂が観えてきました。そして10:40に山頂に到着しましたが、2回目の大室山になります。今日も誰も居ませんでしたが、ここからの景観は残念ながらありません。依って8分休憩しただけで10:48に来た道を分岐点まで戻ります。
H231104_28H231104_32H231104_33H231104_37
H231104_42H231104_43H231104_44H231104_45分岐点から加入道山を目指しますが、暫く歩くと木道が現れます。それから階段状を一気に下り、その後は又登ります。登りきると暫くは平坦な尾根をのんびり歩けます。先ほど登ってきた大室山も観る事もできます。暫く進むと開けた所にでますが、ここが前大室で11:40に通過しました。やがて加入道山の休憩場が観えました。そして11:52に加入道山に到着しました。早速、非難小屋の中を観に行きましたが、初めて『非難小屋日誌』に書き込みをしました。その後、休憩場で昼食にしました。暑かったので風が心地良いです。24分の休憩を取って12:16に出発しました。
H231104_47H231104_51H231104_52H231104_54白石峠には12:28に着きましたが5月に来た時はそのまま畦ヶ丸に廻ったが、今回はここから白石川沿いを下り用木沢出合いに出るルートにしました。初めてのルートなので興味心身です。しかし、30分ほどは渓谷のガレ場を下りましたが登山道と言うものはなく、舌すらガレ場を下るだけでした。やがて、木道の橋が見えたかと想ったら水が流れ始めていました。ここが白石の水源なんだね。この頃より登山道もハッキリと分かるようになったと想ったら、何やら流れが落ちるような音がしたと想ったら、やっぱりここが白石の滝でした。
尾根を巻くようにどんどん下って行きますが、やがて登山道が開けて林道に変わりました。そして右からはモロクボ沢が合流している場所を通過しましたが、ここは今年ヤマメ釣りに来たところです。想ったより早く着きそうなので渓谷を観ながら戻ってきましたが、駐車場の上流で大きなヤマメの群れが産卵の為か集まっていましたよ。27~28cm級が5~6匹は見えましたよ。そして用木沢の駐車場に14:02に到着しました。ちょうど6時間のコースでした。千葉のご夫婦はまだ戻って居ませんでした。来週の火曜日は“あゆのハミ痕”さん御夫婦と一緒に檜洞丸(丹沢2番目に高い山)に登る予定でいます。今日は珍しく、膝は何ともありませんでした。
H231104_57H231104_58H231104_59H231104_60
H231104_61

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28