« 紅葉の檜洞丸 | トップページ | 塔ノ岳・鍋割山登山紀行 »

2011年11月13日 (日)

矢倉岳

部屋から矢倉岳を眺めていたら紅葉が綺麗に観えるので急遽登ることにしました。家内が昼食の準備をしてくれたので急いで内川の土手駐車場に向かいました。何組かのハイカーが矢倉岳に向かうのを見ましたよ。今日は日曜日で天気も良いから混んで居るんでしょうね。

H231113_02 H231113_03 H231113_04
準備を済ませて8:55に出発し山頂を目指します。見慣れた風景を登山口まで順調に歩き猪避けのゲートを通過して行くと、ここから急な上り坂となります。もう汗が吹き出てきました。暫く登ると先行者に追いつきそうなので、ここで休憩してベストも脱ぎました。今日はゆっくり歩くことを頭に置いて登り始めると先行者のグループに追いついてしまったので先に行かせてもらいました。今日は軽やかに登れています。暫くすると先行者達が休憩をしていたので挨拶をして先に進みます。9:41に中間点と想っている休憩場所に着いたので5分の休憩を取りました。写真を撮っていたら、皆さんが上がって来られましたよ。

H231113_05 H231113_07_2 H231113_08
休憩を終えて私も山頂を目指しますが、ブナの紅葉が綺麗なので足を何度も止めて写真を写しました。この辺りから急な上り坂が続きますが、景観がいいので周りを観ながらゆっくりと登ります。それにしても今日はバカ陽気で汗が吹き出てきます。息も荒くなるが、それでもスムーズに登れています。千葉から来られた人に追いついてしまったので暫し話をさせていただき、その後二人で山頂をめざしました。

H231113_09H231113_10H231113_1210:18に矢倉岳(870m)山頂に着きましたが、既に多くの人が休憩していました。私は先に写真を撮ってから休憩にしましたが、今日も富士山を観ることができました。時間は早いが、ここで昼食にしてのんびりしました。20分休憩をしてから下山の準備をしました。

H231113_13 H231113_16
10:38に清水越え方面に下りましたが途中で花や実が綺麗だったので写真に納めました。この時間帯は多くのハイカーが山頂を目指しゾロゾロ上がってきます。皆さんに挨拶をしながら清水越えの分岐です。今日は21世紀の森方面に向かいました。暫く下ると山頂で休憩していた小さな子供連れの家族に追いついてしまったので先に行かせてもらいました。やがて分岐ですが浜居場城跡方面に進み、11:21に浜居場城跡に着きました。城跡と言っても何もありません。ここで5分の休憩を取って21世紀の森に向かいます。

H231113_22 H231113_24 H231113_25
11:39に21世紀の森内のセントラル広場に着いたが、時間が早いので案内板を見て通ったことのない展望台方面に決めました。車道をのんびりと歩きましたが、やはり車道を歩くのは辛いですね。大分遠回りをしてやっと森林館に着きました。森林館内を見学後、暫し下ると休憩場所があったので休憩しました。そして車道に出ると21世紀の森入り口のポールの所に出たので橋を渡り、農道を矢倉沢バス停方面に向かいます。

H231113_27 H231113_29
以前下った道は止めて通ったことのない農道を進みます。道標がないので行けるかどうか分かりません。そんな気持ちで歩いていると道標があったが、その直ぐ先に通行止めのロープが張ってあったが、脇を歩いた跡があるので前に進みました。やがて農道に続き、家も見えてきました。神奈川TV“あっぱれ大行進”で紹介があった矢倉窯さんでした。そのまま下って行くとバス停に出ました。

H231113_31 H231113_32 H231113_34
時間も早いので先日見学した矢倉沢のざる菊祭りに寄ってみましたが、日曜日とあって凄い人出です。先日と同じ畑に降りて見てきました。そして人混みの中を13:30に駐車した場所に着きました。車にもの凄い数のてんとう虫が張り付いていたので、着替えもゆっくりできませんでした。車中のも一杯入ってしまい、帰宅してから大変でした。(≧ヘ≦)

« 紅葉の檜洞丸 | トップページ | 塔ノ岳・鍋割山登山紀行 »

★2011年の登山★」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31