« ユーシン渓谷 | トップページ | 御正体山(1682m)登頂 »

2011年12月 6日 (火)

初めての蛭ヶ岳

昨朝、3時半に起きて宮が瀬ダム圣由で道志街道の青根集落に向かいました。青根集落の入り口が判りずらく迷ってしまったが、ナビに従い周辺を走っていたら偶然に目標としていた看板が在ったので、その後は順調に林道の駐車場まで行けました。真っ暗なので車中で朝食を食べながら明るくなるのを待ちました。
H231205_01H231205_02H231205_04H231205_06先に停まっていた車には誰も居なかったので6:35に一人で歩き始めました。直ぐ先にはゲートが在るので横を通り抜け舗装された林道を進むと林道の終着で、そこから登山道になります。暫くはなだらかですが、空沢を渡ると沢沿いの道が段々きつくなりました。急に流れが現れると暫くして沢と別れ尾根をジグザグに登りますが、これが凄い急坂でした。急坂を40分ほど登ると稜線に出てホッとしましたが、ちょうど1時間だったので休憩にしました。
H231205_07H231205_11H231205_12H231205_1310分ほど休憩して歩き易い稜線を進むと直ぐに東海自然歩道に合流しますが、ここに休憩テーブルが在りました。ここを通過して進むと右手に青根からの尾根コースが合流しました。管理された歩き易い道をどんどん進むと目の前に開けた場所があり、ここが姫次でした。8:20に着いて10分ほど休憩を取りながら、休憩していた人と暫し話しをしました。
H231205_15H231205_19H231205_21H231205_22
H231205_24H231205_27H231205_28H231205_29蛭ヶ岳まで3.2kmの道のりですが休憩もそこそこに私が一人で先行しました。一気に下って行きましたが下ると又歩き易い登山道が続き、やがて階段が見え始めました。それにしても長い階段が続きましたよ。山頂まで0.4kmの所は眺めが良い尾根で休憩場所もありました。そして最後の登りが始まりましたが霜柱がぎっちりです。丸太の階段の底が掘れていて、まるでハードルを越えているような感じになりました。崩れたガレ場では風が舞い上がってきて、写真を撮るのも怖いくらいです。やがて山荘の小屋が観えてきました。
H231205_30H231205_34H231205_35H231205_36
H231205_37H231205_42H231205_44H231205_46沢コースで登ってきましたが9:50に蛭ヶ岳山頂に着きましたが、雪で覆われた富士山が一番最初に目に飛び込んできました。山頂は風が少し吹いていたので寒いですが、一人の方が休憩を取っていました。隣のテーブルに席を取ってから写真を先に写しました。今まで私が登った山々が良く観えましたよ。その内、後から数名の方が到着してきました。寒い中、皆さんと話をしながら昼食にしました。昼食後は蛭ヶ岳山荘に寄って記念のピンバッチを購入してきました。山荘で昼食を取っていた御夫婦と暫し話をしてから戻ると、既に二名の方は下山していました。もう一人の方も下山して行きましたので、私も11:15に同じルートを下山しましたが、珍しく山頂で1時間25分も休憩していました。
階段を下って行くと、やっぱり右膝に軽い痛みが走ってきたので早目にサポーターと塗り薬を付けました。ゆっくり戻ってきましたが、最後の沢までの急坂を下るのは注意しないと危ないです。そして13:52分に駐車場に着いたので、先ずは沢の水で顔を洗いサッパリしました。又、帰りの途中でカメラを落としてしまい、壊れてしまったよ。(。>0<。) でも蛭ヶ岳に登れたことにより、これで代表的な丹沢山麓の山々を登ることが出来て良かったで~す。ヽ(´▽`)/
H231205_48

« ユーシン渓谷 | トップページ | 御正体山(1682m)登頂 »

★2011年の登山★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ユーシン渓谷 | トップページ | 御正体山(1682m)登頂 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28