« 初めての蛭ヶ岳 | トップページ | 初めての大山 »

2011年12月12日 (月)

御正体山(1682m)登頂

山梨県の道志に在る御正体山(1682m)に登る為に、今朝5:10に目覚ましを掛けて置いたのだが4時に目が覚めてしまったので朝からTVを観て時間調整をしていた。5時過ぎに家を出発して山伏峠に向かいましたが、篭坂峠を越えると一面雪で真っ白でした。山は大丈夫なのかな~と心配しながら1時間ちょっとで山伏トンネル手前に在る駐車場に着きました。
02051112朝食後、準備運動をしてから6:48に山頂を目指して歩き始めました。先ずはトンネルを抜けて道志側の登山道から登って行くと直ぐに山伏分岐です。右に折れて進むと暫くして急坂ですが、ロープが張ってあるので助かりました。7:37に石割山分岐に着いたので5分の休憩を取りました。
13161819雪が積もる尾根を進むと7:49に奥ノ岳を通過しましたが、これから登る御正体山が観えました。7:55に送電鉄塔に着いたので5分の休憩を取りました。此処からの景観は素晴らしく、富士山や鹿留山(杓子山)奥には三つ峠もハッキリ見えました。反対側は丹沢の山並みが観えましたよ。
272932348:00に送電鉄塔を出発してアップダウンを繰り返しながら雪の尾根を進むと8:28に中ノ岳、8:53に前ノ岳を順調に通過しました。やがて山頂までの急坂が続くと子供が作ったのか緑の道標が在りました。ここで5分の休憩をして山頂を目指す。暫く歩くとなだらかな場所に着きましたが、右手に祠が在ったので登山の安全を祈りました。雪で真っ白な開けた場所を進むと直ぐに山頂らしき物が観えてきました。
35363839
40439:40に御正体山(1682m)200名山に着きましたが、山頂には誰も居ませんでした。雑木林で覆われているので景観はありませんでしたが、ザックを降ろして山頂探索です。大権現社には賽銭が沢山置かれていたので私もお賽銭を上げました。また2004年に皇太子殿下が登頂された事を示した表示板も在りました。此処でちょっと早いが昼食にして、その後地図を広げて下山ルートを変更しました。結局山頂では35分の休憩を取りました。
4749525510:15に道坂・白井平方面に下山開始しましたが、事前の調査では此方のルートは可なり勾配がきついようです。まして今日は雪道なのでゆっくり気をつけて下り10:45に白井平分岐に着きましたが、此処で若いカップルが登って来られました。5分休憩を取って白井平方面に下りましたが、こちらの尾根は日当たりが良いので雪はなかったが、尾根を廻って行くと日が当たらないので又雪道となってしまった。暫く下ると沢の流れが耳に入ってきたと想ったら沢が現れました。早速、顔を洗ってサッパリとしました。沢沿いを下って行くと林道に変わり、そして民家がちらほら現れて12:05に道志みちの御正橋に着きました。
626364ここから山伏峠まで道志みち(R413)をひたすら歩きます。ずっと上り坂が続きますが道路の端には雪が残っているので歩き辛いですし、車の往来も可なりあるので大変です。休憩をする場所もないので1時間ちょっとの上り坂は辛かったですね。やがて山伏トンネルが観えてホッとしました。トンネルを抜けて13:13に駐車場に戻りましたが、他に1台止まっていました。今日は此の道志みちが一番辛かったです。ι(´Д`υ)アセアセ
6768

« 初めての蛭ヶ岳 | トップページ | 初めての大山 »

★2011年の登山★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めての蛭ヶ岳 | トップページ | 初めての大山 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28