« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

今年初の金時山

今年は地元の金時山に登ってないので登ることにしました。家内に告げたら直ぐに昼食
を作ってくれたので在り難かったです。急いで準備を済ませ、車に荷物を積み込んで地
蔵堂バス停駐車場に向かいました。此処の朝の気温は-3℃でした。
124駐車場には1台が停まっていたが、果たして登山なんでしょうかね。支度を済ませ8:25に夕日の滝方面に向かいましたが、雪が残る金時山には初めて登ります。地蔵堂集落を過ぎると夕日の滝が在りますが、今日は寄らずに登山道に入りました。
8121315
171830分も歩くと休憩小屋に着いたので暫し休憩を取りました。暑いお茶が身体を温めてくれます。元気が出た所で出発しましたが段々と雪が深くなってきましたが、そのまま進みます。しかし、安全の為に早目にアイゼンを装着して登ることにしました。檜林を抜けると尾根ずたいに登りますが、金時山が枝の隙間から観えるようになりました。猪鼻砦跡に出ると富士山が正面に見えましたが、少し雲が被っています。
21222324猪鼻砦跡での休憩もそこそこに、ここから金時山の山登りが始まります。こちらからの登山道は可なり急になっているので、果たしてこの時期はどんな感じなんだろう。暫くすると鳥居が観えてきましたが、ここを通過すると本格的な岩登りです。幾つかの階段を登りますが、手摺も凍っている所がありました。雪の無い時に何回か登っていますが、この時期は怖さを感じました。山頂近くで丹沢の山並みが観えたので写しましたが、実はこの時も可なり怖かったです。
26272829
30要約山頂が観えてきた時にはホッとしましたが、一人で登るオバサンの姿を数回見ましたが驚いたね。皆さん、この山を何百回も登っているベテランさんなんでしょうね。こんな日にでも数名の方が休憩をしていました。私は仙石原にお住まいの方と一緒に座らせてもらい、昼食を食べながら話をさせて頂きました。
31323411:30に矢倉沢峠方面に下山開始しましたが、こちらも可なり残雪が残っていました。岩場に注意しながら下って行くと段々残雪も少なくなり、ぬかるんできました。こちらからは多くの人が登ってきますが、皆さん昼に合わせて登ってくるんでしょうね。隧道下まで来ると又雪が深くなりましたが、林道までは直ぐなのでゆっくり歩きました。金時隧道の林道に出た所でアイゼンを外しました。
35373840ここからは地蔵堂まで林道を下りますが、日陰では残雪が残っていました。途中、丹沢の山並みが綺麗に観えたので足を止めて観ていました。ヤマメ釣りで何時も脱渓する金時平橋の所で休憩を取って、地蔵堂に向かいました。地蔵堂のゲートを過ぎると誰が作ったか雪だるまが在りましたので写してみました。そして14時に駐車場に着きましたが、冬の金時山の登山は塔ノ岳を登るより遥かに怖かったです。(*´д`*)ハァハァ
4142

2012年1月27日 (金)

真冬の塔ノ岳

今年7回目の山登りは雪の残る表丹沢の塔ノ岳にしました。今朝5時半に起きて準備
をしていたら暫くして家内も起きてきて朝食の支度をしてくれた。のんびりしていたら出
発時間に少し遅れてしまった。何時ものようにコンビニで食糧を調達して県民の森の駐
車場に向かいました。
3_26_210_211_2
支度を済ませて7:30に出発しましたが、8日ぶりの塔ノ岳です。林道には全く雪が無いので今日は小丸尾根から登ることにして何時ものように銅像の所に寄って安全祈願をしてから行きました。登山口から順調に登って行くと、もう下って来られる人とすれ違い15分程立ち話をしました。尾根を半分も登ると残雪が現れたがアイスバーンになっていたので滑ります。ここでアイゼンを付けて安全登山を心得ました。段々残雪も深くなってきましたが、もうじき鍋割稜線に出ます。
12141518
192021鍋割稜線(小丸分岐)には10:10に着きましたが、想ったほど残雪は深くないようです。30cm位でしょうかね。この稜線は何時歩いても気持ち良く歩けますね。大丸の先の急坂の階段は雪で埋まっていて可なりの下り坂となっていたので気をつけて下りました。金冷シまでに2名の方とすれ違っただけでした。金冷シから山頂までは最後の上り坂が続きますが、こちらも階段は全て埋もれていました。
23252627
282930山頂には10:57に着きましたが、風があったので少し寒いです。テーブルも殆んど埋もれていたので廃業となった小屋裏に行き、ここで昼食にしました。昼食後はテーブルの所に行き、写真を写してから隣の方と話をしていました。11時半になったので下山開始です。
32333436今日は何時も上がっている二俣からのコースを初めて下ります。花立山荘までは残雪がありましたが、山荘近くでオス鹿に遭遇しました。ここで休憩していたら山頂で話をしていた方が下って来られたので私も一緒に話をしながら下りました。堀山の家(12:45着)で休憩してアイゼンを外しましたが、ここで彼とは別れます。私は二俣までの植林された檜林を永遠に下りました。二俣を13:43通過し、銅像に依って無事に下山のお礼をして駐車場には14:06に着きました。残雪の丹沢は初めてでしたが、とても楽しく歩けたことに感謝です。
404142

2012年1月24日 (火)

雪舞う矢倉岳

起きたら薄っすらと雪が積もって折、周りの山も可なり白っぽくなっていました。そこで又
山地蔵の虫が騒ぎ始めたので一応準備をしました。家内もお茶と昼食の支度をしてくれ
たので、やっぱり登ることにしました。朝方まで雪が降っていたようなので今回は登れる
所までとして荷物を車に積み込みました。時間も遅いので今日も一昨日と同じ矢倉岳に
登ります。
136内川の土手に車を停めて9:45に出発しましたが、農道には雪が無いのでスムーズに上げれます。猪避けの扉を開けて進むと可なりきつい急坂が待っています。ここは何度通っても嫌な上り坂ですね。登山道に入って行くと残雪が早くも現れました。壊れたタンク前で早目にアイゼンを装着し、少し休憩を取りました。
781012
151617休憩後ゆっくりと登って行きましたが、今日は誰も登って居ないらしく足跡がありません。登るにつれて段々雪も深さを増してきましたが、もう何回も登っているので足元が解かっているので怖くはありません。中間点の休憩場所には10:52着で、ここで写真を撮ってみました。さて、ここから本格的な上り坂が始まるので気合いを入れて登り始めました。足跡の無い新雪の中を歩くのは気持ちの良いものですね。私は初めての経験です。o(*^▽^*)o
しかし、残念な事にモヤッテきてしまったので周りは全然視界はありません。雪も可なり深くなってきましたが、今日はゴアテックスの合羽ズボンを履いているので安心です。一歩一歩と探りながら登ってきましたが、やがて山頂付近まで登ってきました。
18192223      11:45に矢倉岳山頂に着きました。ガスっているので何も見えませんが、一面銀世界の山頂を独り占めです。荷物を櫓台に置いて写真を撮ってみましたが、やぱり駄目ですね。櫓に腰掛けて昼食にしていると少しばかり晴れ間が見えたが又直ぐに雲ってしまった。
24272829
303130分ほど山頂を楽しんで12:15に山伏平方面に下山開始です。足跡の無い新雪を下って行きましたが、下り易かったですね。12:37に山伏平に着きましたが、ここでどちらに下るか迷いました。電話で家内には21世紀の森を廻ると言ってしまったが急遽、地蔵堂方面に下る事にしました。少し下ると小山町から登って来られた御夫婦と出会ったので少々立ち話をしました。その後、檜林の中を下ると2つ目の鉄塔(No26)に13:08に着きました。ここで休憩を取りました。ここを下るとやがて矢倉沢分岐に13:20に着きました。
333435                 矢倉沢分岐を左折して川沿いのコースに入りました。まだ雪が残っているのでアイゼンを装着したまま歩きましたが、このコースの一番危ないポイントを過ぎて一安心です。そこでアイゼンを外しましたが、外すことに依って足が軽くなるのを感じました。暫くすると林道に出たので後は道沿いをのんびり歩くだけです。そして14:16に車に戻ることができました。今日は新雪が積もるなか、足跡も無い登山道を歩けて楽しかったで~す。(v^ー゜)ヤッタネ!!
又、山伏平付近で出会った御夫婦(横浜)と矢倉沢バス停で再会したので大雄山駅まで送ってやりました。車中で色々なお話が出来て良かったです。
36_237

2012年1月22日 (日)

残雪の矢倉岳

残雪の矢倉岳に登りたくて急遽、本日登ることにしました。部屋からは然程残雪が残っ
て見えないが一応登るだけ登ってくることにして準備をしました。
車に荷物を積み込み近くのコンビニで食糧を調達してから内川の土手沿いの車停めに
向かいました。
1358支度を済ませ9:48に出発して暫く歩くと汗を欠き始めたがそのまま進みます。あっちこっち余所見をしながら登って行きましたが、今日も軽やかに登れます。途中まで登ると残雪が現れてきましたが登山道にはありません。10:42に何時もの休憩点に着いたので10分の休憩を取りました。
10111316
171819さて、ここからが楽しみの登山道で広葉樹の急坂を登って行きますが、直ぐに残雪が登山道をふさいでいました。段々残雪も深くなり足元が滑るので注意しながら登って行きましたが、ここでステッキを出して登ることにしました。上に行くに従い残雪も30~40cmとなってしまったので階段の途中で先日購入したアイゼンを初めて装着しました。登山初心者の私はアイゼンを装着して登るのは初めての経験です。(*´v゚*)ゞ
途中で2人の方に話をさせていただき、私が先に行かせてもらいました。痩せ尾根を過ぎる頃には残雪も深い所で膝上まであり、新雪のところでは70cm位は積もっていましたよ。やがて山頂が観えてきました。
212223_224
27283031一面真っ白な山頂には11:43に着きましたが、御夫婦が写真を撮って居られました。雪で座る所がないので写真を写していたら先ほどの方達も到着しましたが、東京から来られたそうです。写真を頼まれたので何枚か撮ってやりました。今日は富士山を期待していなかったんですが、何と目の前に姿を見せているではありませんか。ラッキー!箱根の外輪山や丹沢の山並みも皆雪を被っていました。皆さんが昼食にしたので私も雪を踏み潰してシートを引いて昼食にしました。家に電話をして今日は登ってきた道をそのまま下ります。久しぶりにこのコースを下りますが、たまには良いね。帰り際、先ほどの方達を写させてもらいましたが、ブログ掲載のOKをいただきました。
3233343512:26に山頂を後に下山し始めました。それにしても残雪が想った以上に深く、注意しながらのんびりと下りました。休憩点には12:50に着いたので、ここでアイゼンを外し7分の休憩を取りました。後は順調に下り、車停めには13:33に着きました。今回は時間的には短かったですが、残雪の矢倉岳に登れて楽しかったで~す。
3637

2012年1月19日 (木)

残雪の塔ノ岳

1/18(水)は5時半に起きてしまい出発時間まで待機していました。1時間後の6時半
に家を出発し、途中のコンビニで食糧を調達して三廻部集落の県民の森駐車場に向か
いました。既に数台の車が停まっていましたが、皆さん出発したようです。私はゆっくり
朝食を食べてから支度をしました。
1477時半になったので出発しましたが、さてどのコースで登ろうか迷いながら歩いていると銅像の所まで来てしまったので、取り合えず挨拶だけして再度歩き始めました。二俣(7:50)に着いた所で、今日もここから登ることにしました。ここからは長~い杉林が永遠と続きます。
8101113
1415杉林の尾根を登り切ると掘山の家(8:58)に着いたので休憩を取りました。ここから先は階段が多くなるので休み休み歩くことにして出発しましたが、段々残雪も多くなり歩いていて気持ちが良いです。暫くすると川崎から来られた若い人に追いついてしまったので山頂まで一緒に歩くことにしました。花立山荘で休憩を取って山頂を目指しますが、話ながら登るので楽しいです。
21_222_21617
1819_220塔ノ岳山頂(10:30)に着きましたが、今日は休憩している人が少ないです。残雪で寒いので皆さん山小屋で休憩しているんでしょうかね。早速二人で写真を撮りその後休憩にしましたが、今日の調子なら丹沢山まで足を伸ばしても大丈夫です。しかし、時間が足りないので諦めました。私は30分休憩(昼食含む)をして、彼より先に下山して鍋割山を廻って行くことにしました。
25272931塔ノ岳山頂を11時に後に下って行くと、登って来られる人達と沢山すれ違いました。金冷シを通過して鍋割山稜を歩きますが、今は所処で登山道の整備をしているそうです。小丸分岐に着きましたが新しくなった道標は分岐標になってないので迷う方が居られます。直して欲しいですね。暫く進むと林の中に鍋割山荘が観えてきました。
353637鍋割山山頂に(12:12)着きましたが多くの人が昼食を取っていましたので、私は乾いている芝生の所を探し軽く捕食を取り12~13分休憩しました。
38404245
48鍋割山を12:25に下山して行くと整備されて綺麗になった登山道を下ることができました。途中で家に連絡をして下るとやがて後沢乗越(13:06)に着きましたので、ここで10分ほど休憩を取りました。その後、急遽コースを変更して栗ノ木洞~櫟山で戻ることにしました。急な上り坂を登ると薄暗い林の中に道標が、ここが栗ノ木洞でした。そのまま林の中を下って行くと明るく開けた場所が櫟山でした。秦野の街並みが観えましたよ。そこから一気に駐車場まで下りました。今日は残雪の中の登山で気持ち良く歩けました。また膝の調子も良かったです。ヽ(´▽`)/
5051

2012年1月15日 (日)

2回目の権現山

天気は余り良くないが何処かの山に登りたくて朝から悩んでいたんだが、久しぶりに
西丹沢の権現山に登ることにしました。途中のコンビニに寄って昼食を調達し丹沢湖
に向かいました。さて今日は何処に車を停めるかなと想いながら、時間稼ぎで林道の
脇に停めることにしました。
2467支度を済ませ9:33に出発しましたが、林道を進むと直ぐに右手に登山道が在りますので始めは川沿いを登って行きます。暫くすると登山道が崩れていてロープが張ってあったので摑まりながら何とかクリアーしましたが、ちょっと危ないですね。杉林の中をずっと登って行くと林の中に休憩テーブルが観えてきたので、あそこが二本杉峠だと想いました。10:28に二本杉峠(交差点)に着いたのでザックを降ろして休憩しましたが、直ぐに同じ方面から若い女性が1人で登って来られました。声を掛けられましたので少し話をしましたが、地蔵平方面の探索に行くと言っていました。パワフルな女性の方で沢登りをやっているとの事でザイルを持っての探索です。凄いよね。
9101112
13二本杉峠から急坂を登り切るとなだらかに為りますが目の前に権現山の姿が観えました。一旦下りますが下り切ると左に丹沢の山並みが観えましたが、今日はハッキリ観えませんでした。塔ノ岳らしき山が見えたので試しにズームして写してみました。
14151617
182122権現山直下は大きく崩れていて痩せ尾根になっていました。ここから山頂近くまでは可なりの急坂が続きますのでゆっくりと登りました。ザラ砂で足元が滑る感じで登りましたが、下りは可なり気をつけないと危ないな。急坂を登り切ると残り0.2kmの道標に気持ちも楽になってきます。しかし、その頃より粉雪が舞い始めたのでペースを上げて山頂を目指しました。
23252628_2
               権現山山頂(1019m)には11:17着ですから往路は1時間44分掛かりました。日曜日なのに山頂には誰も居ませんでしたが、それより雪が大分降ってきたので探索は程ほどにしてテーブルで昼食にしました。風が無いのでそれ程寒くはないが、でも寒いですね。周りも雲に覆われたので山頂では16分だけで下山する事にしました。
29303233          11:33に山頂を後にして下り始めましたが、急坂を降りるにはストックが必要です。急坂を上から写すのも怖い位でしたが、春先に来た時の方が楽だったと思います。何せ、ザラ砂で滑るのでストックで1っ歩1っ歩と下ってきました。下ったら又少し登りますが、ここでストックを仕舞い杉林の急坂を下ると二本杉峠です。12:07着でテーブルで休んでいたら大滝方面から相模原から来られたベテランの若い方がきました。テーブルで色々と御しゃべりをさせていただきましたが、彼は権現山に登って永歳橋に降りると言っていました。私は20分休んで細川橋方面(登ってきた道)に下って行きましたが、崩れて危ない箇所を写真に納めてみました。そして13:04に車に戻ってきましたが、短時間の割には厳しい登り降りが楽しめました。帰りに大仏大橋に寄って、今登ってきた権現山を写しました。又、ワカサギ釣りを見て来ましたが偶然“ぼうずはぜ”さんが釣って居られたので御しゃべりをしてきました。今日は帰りの丹沢湖で5℃と寒かったです。
3435

2012年1月10日 (火)

明神ヶ岳

明日辺り山に登ろうと想っていたんだが、急遽今日にしました。朝も遅かったので最乗
寺から明神ヶ岳に決めました。急いで準備をして最乗寺の駐車場に向かいました。
朝なので駐車場は空いていましたが、お寺さんの関係者が居たのでちょっと閥が悪か
ったが、支度を済ませ8:20に出発です。
1_223境内を通って登山口まで行きましたが、ここの登り口は結構荒れていたと想ったが、意外にも修復してあって以前より登り易かったです。尾根に出るまではガレ場が続きます。
481112尾根に出ると歩き易い道になりましたが、20分も歩くと1つ目の林道を横切ります。杉林の中をずっと歩いて行きますが、明るく開けた場所が見えたと想ったら2つ目の林道でした。見晴小屋まではあと僅かです。林道を横切って階段を上って登山道に入ると、暫くして見晴小屋(9:05着)に着きました。ここで自宅方面をズームして写してみました。今日は丹沢山麓も霞んで良く観えませんが、ここで10分の休憩を取りました。
14151823
242627十分休憩を取ったので軽い足取りで進むことができました。私が中学生の頃に明神ヶ岳の中腹で温泉を掘る計画があり、その残骸が今も所処に残っている。今朝は霜が降りてなかったので登山道は余り抜かるんでなかったので良かったです。9:33に神明水に着きましたが、本日は水がチョロチョロ流れていました。この先のガレ場を登ると長~い萱林が続くが、山火災が起きた時にここで悔い止める役目をしていているそうです。順調に進むと山頂と明星ヶ岳の分岐ですが、山頂方面のこの先が何時も抜かるんで滑るのです。今日も少し滑りました。登り切ると稜線に出て直ぐに山頂です。
28322930山頂には10:35に着きましたが1人だけが休憩をしていましたが、ちょうど下山するところでした。誰も居なくなってしまったので、のんびりとしていたら御夫婦が登って来られたので話をしました。塚原の人で時々登るそうです。御夫婦は少し休憩をしただけで下山してしまったので、私は昼食にしましたが寒くて手が冷たいです。神山や大涌谷が霞んで良く観えませんでした。山頂では36分休んで11:11に矢佐芝方面に下山開始です。
33343839
484951矢佐芝分岐までの稜線で自宅に電話を入れて下山の連絡をして起きました。11:25に分岐を通過して熊笹の道を下って行きます。意外とアセビが多いみたいなので、花が咲く頃に来てみようかな。順調に登山道を下り林道に出ましたが、林道を一旦下りゲートを通過して行くと又上りになります。ゲートを12:25に通過して登山道まで林道を歩きます。やがて上る時に通った登山道に突き当たり(12:41通過)ここを最乗寺まで下ります。
最乗寺には13:11に着きましたが、御参りをしてから駐車場に向かいました。今日は予報に反し寒むかったです。
53545556

2012年1月 6日 (金)

初登り(矢倉岳)

今年の初登りは昨年同様、地元の矢倉岳にしました。この山は手軽に登れるので私
が一番好きな山かも知れないな。膝の様子をみながらの登山なので遅い時間に家を
出て、近くのコンビニでお弁当と飲み物、御つまみを買って何時もの川沿いの車止め
に向かいました。
123支度を済ませ、軽い準備体操を行ってから10:10に山頂を目指して行きました。ゆっくりゆっくりと膝と腰の様子をみながら歩き始めると暫くして神社に着いたので立ち寄りました。お賽銭を上げて昨年のお礼と今年の登山の安全祈願をしました。それにしても急な石階段なので気をつけて降りました。農道を上がって行くと年輩のグループの人達が居たので後を着いて行きましたが、途中で先に行かせてもらいました。
4_2567
登山道に入ってからもゆっくり登るよう心掛けて進みましたが、どうも今日は身体が重く感じて中々前には進みません。汗がタラタラ落ちてくるほど汗ばんでいますので、汗を拭いては水分を補給しながら登って行きました。ちょこちょこ休憩を取りながら、やっと中間点の休憩場(11:00)に着きました。ここで5分の休憩を取りました。ここから先が勾配が急になります。さほど暑くはないのに汗が出てくるのは調子が余り良くない証拠ですね。それでも順調に進み、やがて山頂手前の尾根に着きました。山頂まであと僅かです。
891011
12山頂には(11:37)に着きました。やはり普段より時間が掛かっていますが、ゆっくり歩いたので仕方がないね。山頂には2グループが休憩をしていました。私もリュックを下ろして先ずは見え隠れしている富士山を写しました。そして櫓の展望台に上って今日も自宅を写してみましたが、ハッキリと自宅が写っていましたよ。丹沢山麓も写し、塔ノ岳をUPで写してみたら尊仏山荘が矢倉岳山頂からも観えました。ちょっと驚きましたよ。その後は昼食にしましたが、愛知から来られた御夫婦とさんざ話をしました。又、丹沢に良く登ると言っていた男性とも話をしました。何処かで会うかも知れませんね。昼時とあって多くの人が登って来られましたよ。話をした人達も下山したので私も12:15に山頂を後にしました。
13141518
192023山伏平(清水越え)12:27に通過して21世紀の森方面に向かいました。前回はこのコースを小走りで走ってしまい、足首を可笑しくしてしまったので、今日はゆっくりと歩きました。右手には木々の間から先ほど登った尾根が観えますが可なり急です。こちらは揺ったりした尾根道で、マンテンバイクでも十分通れる登山道です。やがて浜居場城跡分岐ですが、今日はそちらには行きませんでした。尾根を廻り進むと林道に合流したので21世紀の森も近いです。21世紀の森に入り、途中の休憩場所で休憩しました。そこからも自宅を写してみたり、また海岸の方の写真も撮ってみました。
24252627
管理された森の中を下って行くと森林館ですが、管理棟手前に大きな杉が横たわっていたので見学しました。今日は森林館には寄らずに矢倉沢集落に向かいました。
28293031公園内の道も整備されていましたよ。車道を横切って農道を上がって行くと休憩小屋が在ったので休憩しました。休憩後も農道を上がりますが上り切った所にバス停を示す道標がありますから、それに沿って下って行きます。暫く下ると先ほど登った矢倉岳が観えました。そして集落の中の道を進み、14:33に車止めに着きました。今日は膝を痛めることは無かったが、違和感はありました。やはりまだ無理は出来ませんね。
3233

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28