« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

今年の締めは矢倉岳

昨日から夜半に掛けての纏まった雨も朝方にはすっかり上がっていたので、予定通り今年最後の山登りに出かけることにしました。地元の矢倉岳と決めてあったので自宅で朝食を食べてからゆっくり出かけました。
何時もの内川沿いに車を停めて9:25に矢倉沢登山口から登り始めました。筋肉痛がまだ残っていたので早目にストックを出してゆっくりと登ることにしました。今日は陽射しも暖かくてのんびり登るにはちょうど良いです。何時もの休憩場所には10:14に着きましたが、ここで10分の休憩を取りました。休憩後も山頂までゆっくりゆっくりと登るように心掛けて登りました。そして間もなく山頂です。
1346
781012

山頂には10:57に着きましたが1名の方が休んで居られました。雨の影響で萱とが湿っているので早速レジャーシートを出して休憩にしました。今日の富士山は雲が掛かっていますが、それでも所処観ることができました。写真を撮っていたら若い1組のペアが上がって来られました。私はここで昼食にしてのんびりとしていました。
    
14151635
1718

                                                       
山頂で43分程ゆっくりした後、11:40に山伏平方面に下山しました。分岐には11:54に着いて21世紀の森方面に向かいました。 左側に観える鷹落場山頂に繋がる山道の入口を探しながら21世紀の森の中を下って行くと何時もの休憩場所(12:45)に着きました。ここで10分の休憩を取り、残りの行動食を食べてから森林館に向かいました。
19202223

                                                            
21世紀の森の森林館には13:10に着きましたが、ここで案内板をじっくり見ました。それは矢倉沢本村に繋がる山道が載っているかもとの想いで見ましたが、詳しくは載ってなかった。一旦車道を下ったが、右上に道が在るように思えたので森林館に戻った。倉庫の横を通って奥に行くと矢倉沢への道標があったので進むが真新しい林道である。
その後、直ぐに山道と変貌したが、途中にも道標がありました。この時点で多分あの場所に出るはずだと想って進みました。山道の入口から林道道標まで13分で来られたので可なりの近道である。そして車停めには14:00に着き、今年の山登り(30回)を締めることが出来ました。ヽ(´▽`)/ヤッホー
24252627
29313233

                                                           
車停め(9:25)→休憩所(10:14~10:24)→山頂(10:57~11:40)→山伏平分岐(11:54)→休憩場所(12:45~12:55)→森林館(13:10)→車停め(14:00)

2012年12月27日 (木)

12/26 塔ノ岳~丹沢山

今朝は4時半に目が覚めたが、まだ早いので布団に入っていました。5:15に起きて準備を済ませて外に出ると車のフロントガラスはガチガチに凍っていす。あっちゃ~暫くして何時もの表丹沢県民の森駐車場に向かいました。先行者3名が準備をしていたので挨拶した後、私も少し遅れて6:30に出発しました。
今日は小丸尾根(訓練所尾根)から塔ノ岳を目指しますが、出来れば丹沢山まで足を延ばしたいとも考えています。それにしても今朝は寒くて耳も痛いですが、50分も歩くと汗ばんできたのでシャツを薄手な物に着替えました。足取りも軽く順調に鍋割稜線の小丸分岐(8:43)に着きましたが、富士山が綺麗に観えました。
1467
         鍋割稜線を塔ノ岳方面に向かいましたが、所処に先日の雪が残っていました。丹沢の主峰に目を向ければこれから登る丹沢山や先月登った不動ノ峰の山々が観えました。金冷シを過ぎと塔ノ岳はあと少しですが直下の長い階段が待っています。やっと最後の階段で日の出山荘小屋跡が観えました。
8101213
          澄み切った青空のなか塔ノ岳山頂には9:25に着きましたが、時間の関係かそんなに多くの人は居ませんでした。テーブルにザックを降ろしてから写真を写していましたが、写真を撮ってくれると言うのでお願い致しました。山頂で知り合った東京から来られた若い三人連れの方達も丹沢山まで行くと仰っていました。
14151617
1820
                                 塔ノ岳で15分ほど休憩を取ってから丹沢山に向かいましたが、北側の斜面には雪が残っていましたよ。雪の山道を歩くのは気持ちがいいですからね。先に出発した若い三人組みは早い足取りで、見る見る間に見えなくなってしまいました。所処で観える富士山の美しさに目を奪われることもしばしばありましたが板の階段が続くに連れて段々と足取りも重くなり、丹沢山までこんなにきつかったかなっと思い知らされました。内心みやま山荘が観えた時にはホッとしました。
21262730
               目的の丹沢山には10:38に着きましたが、写真を写すのは後回しにして先ずはザックを奥のテーブルに降ろしました。その後、写真を写しに行きましたが、ここでも写真を写しましょうと言っていただき撮って頂きました。その後、テーブルに戻って昼食にしようとしたら写真を撮って下さった方が来られたので一緒に昼食にしました。この方は二宮から来られたそうで、一昨日も塔ノ岳に登ったそうです。東京の若者三人も昼食にしていました。山頂では42分休憩をして11:20に登ってきた道を塔ノ岳まで戻りますが、泥濘対策としてスパッツを巻きました。
33343637
               丹沢山からの下りも順調に進むと竜ヶ馬場手前の登りで両足の前太股が攣れたので、暫し休むと戻ったのでゆっくりと登り始めました。その後も時折同じ症状がでたが、酷くならずに塔ノ岳(12:18)に着きました。お昼時とあってそこそこの人達が休憩をしていましたが、私もここで20分ほど休憩を取りました。塔ノ岳を12:38に下山して金冷シ・花立山荘を通過し、堀山の家に13:30に着きました。ここで副食を食べた後、二俣まで下って表丹沢県民の森駐車場(14:48)に着きましたが今日も富士山の眺めは最高でした。happy01
38404244
454647

2012年12月16日 (日)

御来光の矢倉岳

日曜日に山に登ろうかなと考えていた割には何も支度をしてなかった。今朝4時過ぎに目覚めたので急遽、矢倉岳に御来光を観に行くことに決めました。急いで2つのポットにコーヒーとお茶を入れ、慌ただしく荷物を車に積み込んみコンビニで食糧を調達してから内川沿いの何時もの駐車場に向かいましたが、日の出の時刻に間に合わないと想い登山道の駐車場に停め直しました。
初めてヘッドランプを装着して5:25に出発しましたが、真っ暗な登山道は何時もの登山道の様子とは明らかに違う雰囲気でした。ちょっとした厚着で登ったために直ぐに汗ばんでしまったが、今日は着替えを持ってこなかったので仕方ありません。
123
                     山頂の手前でヘッドランプを消して歩き6:30に矢倉岳山頂に着きましたが、もちろん誰も居ませんでした。ザックを降ろしてから櫓の展望台に乗って御来光を待ちましたが、今朝は海岸線に雲が掛かっていました。                          今日の日の出は6:44(東京)となっていたので、もう暫くしたら御来光を拝めるに違いありません。富士山も雲1つなく綺麗な姿を魅せてくれています。また富士山麓には雲海が広がり華を添えてくれていました。一刻一刻と変わりつつある富士山の景色は最高でした。もう少し早い時間に上がればもっと良い写真が撮れたでしょうね。
4689
10111315
17181920
               写真を撮り終わった後、軽く朝食にしましたが、山で飲むコーヒーは美味いものですね。登ってきた道を7:20に下山しようとしたら反対側から一人の男性が上がって来られたので挨拶だけして下山しました。                                先ほどまで真っ暗だった登山道もすっかり明るくなり軽快に下ることができ、8:10に駐車場に着きましたが時間的に誰ともすれ違いませんでした。短時間での矢倉岳でしたが御来光と富士山が観られたので本当に良かったで~す。 o(*^▽^*)o
21232426

2012年12月 8日 (土)

強風の明神ヶ岳

仕事での筋肉痛が残っていたが、取り敢えず明神ヶ岳に登ることにしました。今回は山頂まで辿り着くことが出来るか確信は持てなかったが、最乗寺の駐車場を8:15に出発して奥の院へ繋がる裏道を上がると10分で奥の院に着き、そこで登山の安全祈願をしました。横から登山道に入るも想うように足を運べない。ちょい休みを繰り返しながら身体を慣らして行き、林道には8:58に着きました。
123
                    休憩後、林道を横切って登山道を登って行きますが身体が重く感じて中々進むことができません。やはり疲れが残っているので引き返すことも考えながら一歩一歩と登って行きました。何時もの休憩場所ではゆっくり休んでから出発しましたが、風が段々強く感じられるようになりました。稜線に出る前にジャケットを着替えました。
4567
891011
稜線に出ると登山道の霜は溶けてグチャグチャで滑るうえ強風で吹き飛ばされそうです。何人かのハイカーさんとすれ違うと暫くして明神ヶ岳の山頂(10:29)に着きました。伊勢原から来られていた年輩の男性の横に座らせていただき荷物を置きました。早速周辺の写真を写しましたが、強風でカメラが煽られてしまいます。写真を撮った後、昼食を食べながら年輩の方と山の話をしていました。暫くすると団体さんやグループの人達で賑やかになりましたが、皆さんも風除け場所で休憩です。
12131415
          話をしていた人は先に最乗寺に下山されたが、私はもう少し山頂を堪能(休憩)してから10:55に一般コースで最乗寺に戻ります。相変わらず風が強くて登山道も抜かるんでいるが、今日はストックを使わないようにしています。特に稜線からの下りは急なので滑り易かったです。時間的に上って来られる人達が多くて、その都度私が待っているあり様でした。     神明水には11:36に着き、明神ヶ岳見晴小屋には11:53に着きました。ここで副食を頂いた後、先週登った塔ノ岳や丹沢山や不動ノ峰など丹沢主脈の眺めを堪能しました。又ここから自宅を写してみましたが撮れているかな・・・
16171920
21223225
          見晴小屋を12:05に出発して最乗寺を目指しますが、風は一向に止む気配はありません。この時間でも登って来られる人達が居ますが、遅くならない事を祈ります。杉林の中を順調に下って行くと今まで気づかなかった石碑があったのでカメラに納めました。やがて最乗寺が見え隠れできる所まで下ってきたら、山頂で一緒だった男性の方に追いつきました。私はそのまま最乗寺(12:38)に寄って、無事に山登りができた御礼をして帰りました。
26272829
3031

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28