« 2013年初登山(塔ノ岳) | トップページ | 矢倉岳&金時山 2013.1.12 »

2013年1月11日 (金)

ちょっと明神ヶ岳まで

今朝は4時過ぎに目が覚めたので何処かの山で日の出でも観ようかと一瞬想ったけれど準備もしてないのでまた寝てしまった。何時もの時間に起きてTVを観ていたが、やっぱり明神ヶ岳に登ろうと想い支度をしました。
最乗寺の駐車場を8:25に出発して今日は明神ヶ岳ハイキングコースから登ることにしたので登山口に向かいました。杉林の中を歩いていると先行者が観えたが、手前の林道で追いついてしまったので、そこから一緒に登らせていただきました。山の話をしながらの登山は楽しいですね。
1 2 3                    
始めは私が先行させてもらいましたが、途中より交替してもらい後を追います。萱とに出たら暑くなってきたのでジャケットを脱いでベストに着替えました。登山道はまだ抜かるんでないので歩き易いですが、それでも所処では霜が溶けてきています。
雨が降ってないせいか神明水は枯れていました。ずっと御しゃべりをしながら上がってきましたが、山頂直下の急な登山道はグチャグチャで滑ります。ここを登り切ればもう少しで山頂に着きます。
4 5 7 8

1ヶ月ぶりの明神ヶ岳山頂に11:12に着きましたが、やはり山頂は霜が溶けてグチャグチャでしたし山頂には誰も居なく静かでした。雲は出ていたが富士山の姿を観ることができて良かったですよ。写真を写していたら、一緒に同行させていただいた小田原の人は下山するとのことで、ここで別れました。
昼食にしていたら塔ノ沢から登って来られた人と少し話をしましたが、これから金時山に登るそうです。山頂にはまた私一人となってしまいましたが、風もなく暖かいのでゆっくりしていました。山頂を28分ほど楽しんで矢佐芝方面に下山開始です。
9 10 11 12
13 14 15 16

矢佐芝分岐までの稜線もグチャグチャで滑るので注意しながら歩きました。稜線で1名の若い男性とすれ違いましたが、彼はゴミを拾いながら登ってきたようです。中々できる事ではないですね。彼はエライsign01
分岐を左折して熊笹の中を下って行きますが、この登山道は落葉樹が多く明るいの好きですね。途中で10分ほど休憩をしてコーヒーとお煎餅を頬張りました。休憩後も順調に下ると林道にでました。
17 18 20 21

林道を下って行くとゲートですが、ここは分岐になっているので最乗寺方面の林道に向かいます。日陰に入ると寒いのでジャケットを着ました。15分も歩くと明神ヶ岳ハイキングコースに出たので、次は朝歩いたハイキングコースを最乗寺まで下ります。
やがて最乗寺の鐘の音が大きく聞こえるようになり、今日の山登りも後少しで終わりです。最乗寺は何時もより混んでいましたが、本堂に寄って登山のお礼をしてきました。
22 24 25 26
27 28 29 30

« 2013年初登山(塔ノ岳) | トップページ | 矢倉岳&金時山 2013.1.12 »

★2013年の登山★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013年初登山(塔ノ岳) | トップページ | 矢倉岳&金時山 2013.1.12 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28